FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高原のパ・ド・カトル



4人の踊り(小さな作品展)がはじまる。

今日はマヤ暦の始まりの日では新年ということになるのだそうで、おめでたい日に始まったものである。
マヤ暦の月のこよみでは、28日周期の月であらわし、1年は満月が13回めぐってくる。28x13=364日で、それに一日たした数で一年となり、昨日の25日は「時間をはずした日」という日であったそうだ。

暦というのは、地球と月と太陽との関係で作られていておもしろいが、今日が新年に当たる日だとは日本人としてはなかなか理解できないものだ。

だがこうして何かが始まる日にはもってこいの日なのかもしれない。

妻と子供たちは小淵沢のホースカーニバルに浴衣を来て出かけ、長男はスーツを持って、高校の定期演奏会の司会をしに出かけていった。
そして車の修理も、夕方には完了した。

それぞれが何かの始まりに着替え新しくなった日であり、なんとなく新年らしくかんじる日となった。

夕方、ものすごい勢いで3つの入道雲が出来ていて、それがどんどん高く上っていき、あちこちでかみなりが聞こえていた。
8時過ぎ頃から雷鳴と稲光の中、花火大会の音が聞こえていた。

そして雨が降り出し、9時前にはどしゃ降りとなり、停電中にぬれねずみの浴衣の3人が帰ってきた。ぬれたことも楽しみひかり子はもっと雨に当たりたいといって両手を広げて雨を受けていた。

一日が無事に終わっていく。


あたらしき はじまりかんじる へいわなひ かみなりひかり やみよをてらす   月
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tukikuni

Author:tukikuni
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。