FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天象さんありがとう



 車の修理が終わリ韮崎に取りに行く。急な修理で代車がなく、軽トラに雅と乗って出かけ、2台で帰ってきた。

七里岩の断崖の下にはほぼ1キロおきに鳥居が並んでいて、一番よく通るところのそばにある稲見神社にはじめてお参りしてきた。
鳥居の前に川があり、石橋を渡る。石橋というのも珍しく、川を渡ることで気持ちが変る。そして中に入ると急な崖の前に、普通の家のような本殿があった。平和を祈り印を組む。

この七里岩の断崖は、釜無川と塩川によって侵食されて出来たもので、25~20万年前に八ヶ岳の阿弥陀岳付近を中心とした富士山のような当時は3400mくらいあったであろう古阿弥陀山が大規模に噴火し、上の1500mくらいが吹き飛んでその岩屑流 で甲府盆地まで覆いつくされ、それが今、川の浸食によって七里岩の断崖を作っているのだという。

ここのところ神社があれば立ち寄ってきているが、地元の歴史を知るにもとてもいいことである。
山門からは、ここの神社の名前そのものの、水田の緑が広がっている。秋には一面稲穂が揺れているのであろう。

夕方、ものすごい雷が来た。
一転にわかに曇ったかと思うと風が吹きいきなり大粒の雨が降ってきて、急に気温が下がり、寒いくらいの風が吹く。
そして一時間割れんばかりの雷鳴、雷光と雨で天空のショーを家族で楽しんでいた。


いだいなる ひかりのはしら あらわれて そのとどろきに われかんきする   月


らいめいが ぜんしんひびく やつがたけ せんこうおちて きょうもていでん   月
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tukikuni

Author:tukikuni
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。