記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

変態



小さな虫が空を飛ぶ。
虫たちは、変態というまったく別の生き物に変っていく過程を経て、背に羽を持ち羽ばたかせて飛び上がる。
ベランダの上の屋根にできたアシナガ蜂の巣も今が一番大きい時期である。ベランダの建て付けが悪いので下を通るたびに揺れるのか羽音を響かせて警戒している。
どじなやつなのか、落とされてしまうのかわからないが、毎日、幼虫が足元に落ちてきていたが、ようやくそれもなくなった。
今年はこの蜂に3箇所刺され確かに怖いが、常にこちらが気をつけていさえすればむやみに襲ったりはしない。
何のために生まれてきたのかなどということを考えることもなく、いきなり羽がはえ、いきなり飛べて、いきなり働き、そしていきなり死んでしまう蜂たちであるが、仲間たちに育ててもらい空を飛べることに歓喜しているに違いない。

蚊は水面の上でぼうふらから蚊へと飛び立ち、蝶も蝉も、今まであった姿からは想像すらできぬものに変化し、そしていきなり飛び上がる。

虫たちにとって、幼虫のときに未来の自分が想像できるのだろうか。さなぎになっているとき、すべての細胞がまったく新しく違うものに変化してくのである。

今、この地球世界、いよいよ人間の最終の変態がはじまっている。
じっとしている時期であり、今動くと羽がきれいに伸びてくれない。
周りで何が起ころうとじっとしている時期である。
じっとして、常に世界平和の祈りをしている時期である。
自らを信じ、おかれた場を信じ、ポジティブなエネルギーを出し続けるだけである。


もりのうえ とんでいくとり すいでんを とんでいくむし われもとびたや   月 
 

いよいよだ われもさなぎに なりはじめ じっとかたまり はねはえてきたか・・・・月


きよさとの もりおくふかく あきのかぜ ひとあつまりて ひかりはなたん    月
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tukikuni

Author:tukikuni
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。